全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ⑤

まあ想像しないであろう楽器の使い方をするミュージシャンを紹介していくシリーズ

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:https://tymondogg.com/about-tymon-dogg-2/

楽器の別称!ジャンルによって異なる演奏!





いまこの文章を読んでいるみなさん


バイオリンという楽器をご存知でしょう


しかし「フィドル」という言葉はあまり耳馴染みがないのではないでしょうか





今回はフィドル奏者、「フィドラー」についてご紹介させていただきます









フィドルとバイオリン、実は同じものです


同じ楽器なんですが呼び方が違うんです






バイオリニストが弾けばバイオリン


フィドラーが弾けばフィドルなんです




何を言ってるのかわからないと思うのでとりあえず本題に入ります



今回はこの人


タイモン・ドッグ

■■■■





楽器の構え方、弓の持ち方




バイオリニストのそれとは大きく異なります




バイオリニストは楽器を肩と顎でおさえ、弓の下を持つのに対し


フィドラーは楽器を胸板に押し当て、弓も少し上の方、そして持ち方も違います

かなり下の方に楽器がありますよね





バイオリニストとフィドラーの詳しい違いについては別記するので今回は




「ちょっと変わった楽器奏者ですね!」




と思ってください






で、この映像ご覧下さい

■■■■

この曲に聞き覚えがある方も多いんじゃないでしょうか

そしてこのギターボーカルをご存知の方も多いんじゃないでしょうか



そう、この人

ジョー・ストラマー


言わずと知れたthe clashのフロントマンですね



タイモン・ドッグはthe clashだけでなく、後にジョー・ストラマーが設立したバンドthe mescalerosでも活躍していました


バンドの中でも存在感を放つプレーヤーであるのと同時に

ソロで歌いながらフィドルを奏でる姿も魅力的です

■■■■

毎度このシリーズの最後は

「筆者もやろうと思ったけどできませんでした」的な締めが恒例なんですが


これに関してはできました

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ
キーワード

この記事を書いた人


東京都北区出身
楽器演奏家であり作曲家
NATURE DANGER GANGの一員でもある

サックスだけでなくアコーディオン、マンドリン、バイオリンなど多くの楽器を操り様々な楽曲に携わる

アイドルグループ「ゆるめるモ!」「おやすみホログラム」「NECRONOMIDOL 」へのバンドセット参加、及び楽曲提供
バンド「ナカムラリョウと前未来」参加
映画「 大怪獣モノ」劇中伴奏

バッティングセンターで打席に入らずひたすらスピードガンで速度計測、縁もゆかりもない大学の合格発表で勝手に合格者の胴上げ等、何の前触れもなく全力でふざけるツイッター芸には定評がある

あとディフェンスにも定評がある

  • 公開記事数 : 9
  • 14923pt

シリーズ記事

ちょっと変わった演奏方法(6)

ジャズと定食(3)

  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

シンセ専門店「Five G」 の軌跡

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ①

クラシック入門。これから聴くと楽しい第2回

風営法改正について考える【第2回】

【第2回】2016年6月23日風営法改正 DOMMUNE「改正前夜、今後の日…

 音楽人.net 編集部

 1

 1072

 カルチャー

クラシック入門。これから聴くと楽しい第1回

クラシック入門。まずはショスタコーヴィチから聴け!

初心者

 ハシダカズマ

 6

 3471

 カルチャー

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?


キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

363,621pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

201,628pt


海原亀太

公開記事数 : 22

78,778pt


パンジー関

公開記事数 : 6

71,223pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

69,650pt