全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

クラシック入門。これから聴くと楽しい第3回

平日別の仕事してオフに音楽作ってるミュージシャン必聴。医者で科学者で作曲家のボロディンさん。

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:https://youtu.be/kbFly9b-9Dg

音楽だけで食べれなくてもOK

これを読んでいる人は音楽だけで食べていこうと思っている人が多めなのかなと勝手に思っているんですが、世の中には平日は別の仕事をして夜とか休日に音楽を作る人がおります。僕はちょっと特殊な例で会社に行って曲作ったりもしているため、まぁ微妙なところなんですが、無条件に自分のやりたい音楽は土日や夜に作ってること多いし、現在たまたまこういうの作ってと頼まれるものがやってて楽しいものばかりなので請け負って仕事してますが、無理に音楽だけで食べようとは全然思ってないんですね。最近若い人にもなんかそういうスタンスの人多い気がして、夢が無い話しだなーと思う反面、マッドハニーのマーク・アームもマックでバイトしてるとか、ソウル・ジャンクの人は学校の先生だったり、漁港の森田船長は魚屋だし別の仕事しながら音楽する人結構面白い人多いのでそういう世の中は嫌いではないです。


で、歴史掘り起こすと沢山いるんですが(そもそも職業作曲家の歴史は実は短い)、今回紹介するボロディンさんは本業が医者と科学者で日本で言うと東大教授くらいの凄い地位にいつつ、日曜日は作曲して歴史に残るレベルになってしまったお人です。

自称「日曜作曲家」と名乗っている通り、残した作品は数多くはないんですが、かっこ良い曲が沢山あります。まずこれ

■■■■
ボロディン「交響曲第二番」。冒頭の重厚感あるリフ(第一主題)が最高です。ティンパニも大活躍(筆者はティンパニ好き)。

いやーかっこいいですね。実は筆者箱庭の室内楽のというバンドやっておりまして、第一回でも紹介したショスタコーヴィチの曲をバンドアレンジしたことあるんですが、次これやりたいなと思ってます。バンドに合いそう。


■■■■
Aphorisms for pianoという小曲群のDance Of Deathという曲。訳すとピアノのための格言「死の踊り」。個人的にとても気に入ってて、バンドでこんなことやる人あんまいないと思うのでロシア人とかに大絶賛されるかと思ったら全然そんなことはなかった

■■■■
ちなみに原曲はこれ。へんてこな曲が多いなかで死の踊りは名前に反してポップです

本業が忙しくて未完成

話しが飛びました。本題のボロディンさんですが、おそらく一番有名な曲は「だったん人の踊り」という曲で、オペラ「イーゴリ公」のうちの1曲です。個人的には人類が作り出した曲の中で最高のメロディーの1つだと思っているくらい美しい曲です。高揚感も半端ない。

ただこの曲、医者や先生の仕事で忙しくて生前最後まで完成できなくて、死後仲間のリムスキー=コルサコフグラズノフが完成させます。こんな凄い曲を作れるのに、別の仕事をしていて勿体ないなぁという思いもありつつ、科学者としてもボロディン反応なんて言葉が残っているくらい優秀な方だったので、良い生き方だったんじゃないかなーと思ったりもします。

■■■■
だったん人の踊り。よく演奏される曲なんですが、合唱ありの方が好き。宗教性と俗が混じり合った様なポップさが最高です。美しい〜

歌って踊って突然死亡

とまぁこんな数は少ないながらも日曜日だけで名曲をたくさん生み出したボロディンさんですが、友達を呼んで飲みながら歌ったり踊ったりパーティーしてる中突然倒れて死んでしまいます。僕は長生きのギネスを狙っているのであんまり死ぬ事は考えてないんですが、歌って踊って突然死ぬって結構最高の死に方じゃないかなーなんて思ってます。


ということでボロディンさんでした。最後にもう1つ有名な弦楽四重奏第2番をどうぞ。

■■■■
冒頭から心臓をわしづかみされる様な美しさ。妻に愛を告白した20周年の記念の曲として妻に献呈されています。なんというイケメン…!妻いないですがこれは真似したいです。

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ
キーワード

この記事を書いた人


作曲家。
バンドマンなのに企業やアイドルに曲を作って生活してます。

ローファイとクラシック好き。

https://twitter.com/hakoniwa_ha

  • 公開記事数 : 3
  • 16334pt

シリーズ記事

何から聴けば良いかわからない…(´・ω・`) これから聴くと楽しいクラシック入門(3)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

風営法改正について考える【第1回】

cool struttin'とお食事いわさき

筆者が定食にジャズを見出すシリーズ

 福山タク

 7

 984

 カルチャー

Oasis「Definitely Maybe」

音楽への興味度が分かるアンケート

take fiveとかんだ食堂

筆者が定食にジャズを見出すシリーズ②

 福山タク

 12

 713

 カルチャー

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?


キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

333,309pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

200,389pt


海原亀太

公開記事数 : 22

73,499pt


パンジー関

公開記事数 : 6

66,128pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

64,497pt