全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ①

まあ想像しないであろう楽器の使い方をするミュージシャンを紹介していくシリーズです

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://okmusic.jp/musichubz/artists/80286/images

一人多重演奏の極み!

初めまして
楽器演奏者である筆者が知る、少し変わった楽器演奏をするミュージシャンを紹介していきたいと思っております

第一回目はこの人


ラサーン・ローランド・カーク

CD屋さんの棚などでは「ローランド・カーク」と紹介されていることがほとんどですね
では紹介していきましょう





まず


「ローランド・カークはアメリカ出身のジャズミュージシャンである


この言葉に偽りはありません



「ローランド・カークは盲目で、サックスを三本同時に咥え和音を奏で、時にはフルートやトランペットを演奏したり鼻で笛を吹きながらハミングを口ずさむこともある」

この言葉にも偽りはありません

ちょっと何言ってるかわからないですよね
けど驚くことに事実なんです



そして彼は循環呼吸という「息を吸いながら吐く」という奏法を身につけています

いまこの文章を読んでいるみなさん、ちょっとやってみてください
息を吸いながら吐くんです!吐きながら吸うんです!



きっとできないですよね
できる方がいらっしゃいましたらご一報ください
そしてご教授ください



話を戻して

それは即ち、「ずっと音を出し続けることができる」ということを意味しています


(かくいう筆者も挑戦したことはあるが全くできず、陸上なのに溺れかけたことがあります。)


しかもカークは同時に複数の楽器を演奏しながらやってるんです
ただただすごいですよね



ちょっと信じられないですよね

けどこの記事を読んで、この動画を見て、「マジだ...」と言ってもらえたら嬉しいです

■■■■

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ
キーワード

この記事を書いた人


東京都北区出身
楽器演奏家であり作曲家
NATURE DANGER GANGの一員でもある

サックスだけでなくアコーディオン、マンドリン、バイオリンなど多くの楽器を操り様々な楽曲に携わる

アイドルグループ「ゆるめるモ!」「おやすみホログラム」「NECRONOMIDOL 」へのバンドセット参加、及び楽曲提供
バンド「ナカムラリョウと前未来」参加
映画「 大怪獣モノ」劇中伴奏

バッティングセンターで打席に入らずひたすらスピードガンで速度計測、縁もゆかりもない大学の合格発表で勝手に合格者の胴上げ等、何の前触れもなく全力でふざけるツイッター芸には定評がある

あとディフェンスにも定評がある

  • 公開記事数 : 9
  • 7966pt

シリーズ記事

ちょっと変わった演奏方法(6)

ジャズと定食(3)

  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

赤裸々!!ミュージックビデオ制作日誌(ハチドリムクドリコマドリ編!!)

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ⑤

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ⑥

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ④

クラシック入門。これから聴くと楽しい第2回

赤裸々!!ミュージックビデオ制作日誌(布団があればどこででも編)

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?


キュレーターランキング

全て見る


佐藤則之

公開記事数 : 2

191,511pt


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

150,690pt


海原亀太

公開記事数 : 22

36,175pt


パンジー関

公開記事数 : 6

35,444pt


DJイオ

公開記事数 : 7

34,182pt