全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

仕事紹介:リハーサルスタジオ店員さん

時給で選んではダメ!バンドマンの”将来役に立つ”アルバイトを考える

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

 僕は、リハーサルスタジオでアルバイトをしていました。プロギタリストを目指していたので、ほんの少しでも音楽業界に関わる仕事に就きたかったのです。
 リハーサルスタジオの店員が、店内で出世してプロギタリストになる、なんてことはありません。しかし、「スタジオのお兄さん」としての経験が、プロになるために間接的に大変役立ったと感じています。
 そこで、リハーサルスタジオの内側をご紹介します。アルバイトをしなければ始まらないバンドマンにとって、バイト選びの参考になれば幸いです。

老舗スタジオでのんびりな毎日

 僕の職場は、都内にある老舗リハーサルスタジオでした。全6部屋と小規模ですが、過去にはメジャーデビューしたバンドだったり、全国的に有名になったバンドも利用していた、由緒ある(?)スタジオでした。
 仕事に難しいことはなく、基本は掃除・電話番・入れ替えです。平日であれば、開店から16時まではとっても暇でした。ひどい時は1バンドも来店しないこともあります。ですので、この時間帯は掃除や楽器のメンテナンスをしています。17時以降は1日15組くらい。忙しいのは土日です。朝から夜まで予約で埋まります。
 とはいえ、基本的には楽な仕事です。

仕事中、ギター練習できるの?

 仕事について過去に聞かれたことのある質問を挙げてみます。

Q、スタジオ中に貼ってある大量のフライヤーって誰が貼ってるの?

A、店員が貼ってます。バンドさん本人たちではありません。
フライヤーを持ち込んでくれる方もいらっしゃいますが、大体は本社経由です。一週間に10枚ほど貼ってました。日が過ぎたライブ告知や、半年以上たったメン募などは随時処分します。


出典:http://www.studiopenta.net/

Q、リハーサルスタジオの店員は勤務中、練習できるの?

A、これはよく聞かれました。残念ながらできません笑 楽器に触れるのは、弦の張替えやドラムヘッド張替えといったメンテナンスくらいです。


出典:http://www.after-beat.co.jp/

Q、一番大変な場面は?

A、よくあるのが「すみません、音が出ないんですけど」パターンです。リハーサルスタジオは初心者の方もくるので、電源スイッチがオフになってるだけ、なんてこともあります。
 しかし、原因がすぐに特定できなかったり、断線やヒューズが飛んでたりと、本当に壊れてしまっていることもあります。そういう時は予備の機材と即交換です。時間貸しの商売なので、なるべくお客さんの時間を無駄にしない行動が必要です。あまりに時間を奪ってしまった場合は、無料で30分延長してもらうといった方法をとります。

スタジオには音楽活動に役立つヒントが溢れている

 最後に、リハーサルスタジオで働いてみて良かったことを3つ挙げます。

1、様々なバンドの裏側(ミーティングや雑談)を見ることができます。盗み聞きというわけではなく、近くにいるので耳や目に入ってくるということですが。調子のいいバンド、惰性でやってるバンド、何も考えていないバンド、仲良しのバンド、分裂寸前のバンド、いろんなバンドがいます。ライブでは見れないバンドの裏側を見ると、バンドの特性はよくわかります。自分や自分のバンドと比較して参考にすることもできるでしょう。

2、人脈です。お客さんはもちろん、同僚の店員も99%音楽関係者です。元アイドルや元メジャーデビュー経験者もいれば、バンドマンや音楽の先生もいます。自分が全く関わりのないジャンルのミュージシャンと仲良くなれるチャンスは貴重です。

3、情報が集まってくることです。フライヤーや口コミから、イベント・オーディション・注目したい次世代バンドといった情報も豊富に受け取れます。
 また、来店するお客さんを見ていると発見も多いです。最近ビジュアル系多いな、ボーカルは男だけど楽器隊は全員女の子の珍しいバンド形態もあるんだ、アンプヘッドを持ってくるギタリスト増えたかも?、など気付くことも多くあります。

時給以上の価値がある

 リハーサルスタジオでのアルバイトは、決して時給の良い仕事ではありません。また、プロギタリストへの直接的な進路にはなりえません。

 しかし、ここでしか見えない音楽業界の”空気感”があり、音楽業界とどう向き合っていくかを考えるためには、大いに役立つ仕事の一つです。スタジオの経営側も、バンドマン事情をよく理解してくれていますので、シフトや髪型・服装が比較的自由であることも利点でしょう。

 リハーサルスタジオによって雰囲気やルールは異なりますが、一例として参考にしていただければ幸いです。

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


  • 公開記事数 : 5
  • 4185pt

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

バンドサークル情報の音楽サークル.com

音楽留学:(米国・Hollywood)

スーパーアマチュアライブ

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


佐藤則之

公開記事数 : 2

189,747pt


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

122,115pt


DJイオ

公開記事数 : 6

29,130pt


パンジー関

公開記事数 : 6

28,382pt


海原亀太

公開記事数 : 22

27,327pt