全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

KEMPERプロファイリングセミナー開催

【1分で真空管アンプをプロファイル】KEMPERを徹底解剖するセミナー!名古屋で開催!2/18

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://www.korg.com/jp/events/2017/0218/

KEMPERプロファイリングアンプセミナー

KEMPERを徹底解剖!当日は実際にプロファイングを行い、KEMPERの基礎知識から応用編まで幅広くKEMPERについて学べる内容となっております! また、最近のバージョンの解説も行うので現在お持ちの方も是非ご参加ください!

出典:http://www.korg.com/jp/events/2017/0218/

真空管アンプの特性を抽出するプロファイリングって?

これまでの約20年、デジタル・プロセッシング技術はギター/ベース・アンプのサウンド再現にチャレンジしてきましたが、入念に設計されたチューブ・アンプのサウンドやフィールを完璧に再現するレベルには到達していません。しかし、その高いハードルを越える日がついに来たのです。 そのカギを握るのが、プロファイリングです。

プロファイリングは、あらゆるアンプのトーンやフィールをそのまま抽出する、他に類を見ない技術です。抽出過程はわずか1分。これで、あらゆるギター/ベース・アンプに変貌します。この抽出過程でプロファイルされるのは単にアンプそのものだけでなく、キャビネットや収録時のマイク・セッティングも含めたトーンをそのまま取り込みます。そのため、オリジナルのアンプのダイナミックで活きたトーンをそのまま同様にProfilerで引き出すことが可能なのです。Profilerに内蔵の各プロファイルは、いずれもターゲットとなったオリジナル・アンプとの厳しいA/Bチェックを経たものですので、違いを聴き分けることはまず無理でしょう。

アンプ・サウンドの特性やフィールを抽出するプロファイリングは、Kemper独自のデジタル・テクノロジー。これにより、オリジナルのアンプが再現できるだけでなく、それ以上のサウンド・バリエーションを作り出すことも可能です。Profilerなら、ゲインやEQでギター・トーンのベースとなる部分を作り、そこからパワー・サギングで歪みを作り出したり、コンプレッサーを使わずにピッキングのアタックを強調させることも可能です。また、アンプはそのままに、キャビネットだけを別のものに組み替えることもできます。

Profilerがあれば、これまでのリアル/バーチャルを問わず、どのアンプよりも多彩なサウンドを自由にチョイスすることができます。

プロファイリングしたデータ(プロファイル)があれば、ツアーなどで環境が様々に変化する場合でも常に同じトーンやフィールで演奏することができます。これは、これまで非常に実現が難しいことでした。

シチュエーション別PROFILERの魅力

レコーディング・スタジオ
Profilerの出現により、レコーディングの手順が一変しました。最初にマイクをアンプに当ててプロファイリングをしておけば、その後はいつでも自由にそのサウンドやフィールを別のプロジェクトでのダビングなどですぐに呼び出せます。

ライブ・ステージ
レコーディング時にプロファイリングしておくという「初期投資」は、ライブでも回収できます。レコーディング時のアンプやマイクの複雑なセッティングをステージ用に再びセッティングする必要もなく、そのままのサウンドを再現できます。これまでのライブよりも良いサウンドになります。 

ホーム・スタジオ
ホーム・スタジオで好きなだけ大音量でプレイするというのは、極めて高いハードルです。チューブ・アンプのサウンドがゴージャスに鳴る音量は、近所中をギタリストの「自宅ライブ」で楽しませてしまう音量に匹敵します。Profilerなら、ゴージャスな「鳴り」をすきな音量で楽しめます。 

セミナー概要

イベント名:KEMPERプロイファイリングアンプセミナー
開催日:2017.02.18(土)
時間:14:00〜
開催場所:石橋楽器名古屋栄店 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-4-5 スカイル9F
出演:[講師]久保山元司氏
お問い合わせ:052-243-1484 角谷 藤田


▼詳細は公式ホームページにて

http://www.korg.com/jp/events/2017/0218/
出典:http://www.korg.com/jp/events/2017/0218/

真空管アンプをプロファイリングできるケンパー。
そのアンプの周波数特性や歪みのニュアンスをも忠実にわずか1分で抽出ができるとても優れたアイテムなんです!
プロファイリングしたい真空管アンプが目の前に無くても、専用のソフトウェアで世界中の人が公開をしているリグデータをダウンロードして自分のライブやレコーディングへ使うこともできます。
そんな優秀なケンパーをすでに使っているという人も「これから使ってみたい!」という人も、セミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか!

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


音楽人.net編集部です。
特に音楽ジャンルにはこだわらず、シンプルで役に立つ記事の配信を心がけます。

  • 公開記事数 : 214
  • 549456pt

シリーズ記事

BeatportによるHow to DJ動画(5)

DTM初心者の為のPCスペック-2016年版-(1)

イベントレポート(1)

風営法改正について考える(2)

音楽人へのインタビュー(3)

物販アイデアシリーズ(2)

ライブ演出シリーズ(2)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

渡米直前のWalkingsへインタビュー

PLAYCOOL CAMP WINTER 2016 開講

一週間のイベント情報まとめ

宅録ビギナーも楽しめる!

ミュージシャンのためのお金セミナー開催情報

TOKYO DANCE MUSIC EVENT「TDME」

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

549,456pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

210,784pt


海原亀太

公開記事数 : 22

106,562pt


パンジー関

公開記事数 : 6

100,918pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

93,421pt