全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

プロテクションラケットの新シンバルケース

【高品質&高強度】プロテクションラケットのAAAシンバルケースがヤマハより登場!

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://jp.yamaha.com/products/other_brands/protectionracket/aaa_semi_hard_drum_case/a6021/

AAAセミハードシンバルケース

プロテクションラケットのハードケースのような強度を実現した高品質のシンバルケース「AAAセミハードシンバルケース」が、YAMAHAより取り扱い開始しました。

シンバルを1枚ずつ収納可能なフリース素材の仕切りを設け、運搬中のシンバル同士の衝突による傷を防ぎます。内部は24インチ迄の大口径用スペースと、15インチ迄の小口径用スペースにわかれており、それぞれ各6つのポケットを備えています。

キャリーカートのハンドルに固定できるベルトループ(幅約23cm)、付属のストラップを使えばショルダータイプで使用可能です。

※使用上の注意
最大数のシンバル収納時は非常に重くなりますのでキャリーカートとの併用をおすすめします。

出典:http://jp.yamaha.com/products/other_brands/protectionracket/aaa_semi_hard_drum_case/a6021/

プロテクションラケットとは

プロテクションラケットは、サーフィン&ウィンドサーフィンのメッカであるイギリスのコーンウォールで、 海、サーフィン、太陽、そして最高の音楽への愛から生まれた楽器ケースブランドです。

出典:http://download.yamaha.com/api/asset/file/?language=ja&site=jp.yamaha.com&asset_id=65636

プロテクションラケットが選ばれる理由

アウター
“racketeX(”ラケテックス)は摩擦に強く、色あせ、縮みの少ないポリエス テル素材です。防水仕様で、どんな 天候でもその性能は安定しています。

センター
“proPadd P2(” プロパッドP2)は、外側に衝撃反発性素材を、内側には衝撃吸収性素材を使用。強くて柔軟性があり、しかも軽量。大切な楽器をしっかり守ります。

インナー
“propile(”プロパイル)は楽器を傷つけない低摩擦合成フリース素材です。表面に付着した水分を発散させる機能を持ち、運搬中の楽器に適切な環境を作ります。

強力ジッパー
防水仕様で腐食にも強い、極めて丈夫なナイロンジッパーを採用。縫製もすこぶる強力。

縫製強度
1,500キロもの力に耐える強力な縫製はプロテクションラケットの 自信と自慢。

バックル
軽くて丈夫で使いやすい、高品質なバックルが多くのケースに採用されています。

ラゲッジタグ
あちこちにプロテクションラケットユーザーがいる場合でも、ラゲッジタグであなたのケースをしっかりアピール。

ラベルバッジ
誰もが一目でわかるケースサイズ。 全てのプロテクションラケットケースにはこのラベルバッジが付いて います。

AAAケース
インナーに合計15mmのポリカーボネートを使用したセミハードタイプ。ケースの上に乗っても歪まないほどの強度を持つことが実証されています。(良い子は乗らないでね)

製品概要

サイズ:横66.5cm × 縦67cm × 深さ18cm
希望小売価格:32,000円(税抜)


▼製品詳細は公式ホームページにて

http://jp.yamaha.com/products/other_brands/protectionracket/aaa_semi_hard_drum_case/a6021/?mode=model
出典:http://jp.yamaha.com/products/other_brands/protectionracket/aaa_semi_hard_drum_case/a6021/?mode=model

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


音楽人.net編集部です。
特に音楽ジャンルにはこだわらず、シンプルで役に立つ記事の配信を心がけます。

  • 公開記事数 : 214
  • 314990pt

シリーズ記事

BeatportによるHow to DJ動画(5)

DTM初心者の為のPCスペック-2016年版-(1)

イベントレポート(1)

風営法改正について考える(2)

音楽人へのインタビュー(3)

物販アイデアシリーズ(2)

ライブ演出シリーズ(2)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

スイングの秘密を徹底解説!

electroganic 「aFrame」

Vドラム最高峰「TD-50KV」を体験しよう!

バーチャルドラム体験「Freedrum」

なんでもドラムへ変身させるCLIP DRUM KIT

BOSSが新しいリズムマシン「DR-01S」を発表

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

314,983pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

199,724pt


海原亀太

公開記事数 : 22

70,377pt


パンジー関

公開記事数 : 6

63,233pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

61,623pt