全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

お勧めヘッドホンが安い!全面駆動型ヘッドホン『FOSTEX T50PR mk3n』

『T50PR mk3n』は、2015年秋にFOSTEXから出たセミオープンタイプのプロ仕様スタジオモニターヘッドホン。
全面駆動型という特殊なドライバー構造を持った、解像度が売りのヘッドホンが現在めちゃくちゃ安くなっています。

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://kakaku.com/item/K0000811622/

FOSTEX『T50PR mk3n』

トレンドな情報で申し訳ないですが、全面駆動型ヘッドホン『FOSTEX T50PR mk3n』が、2015年の秋の発売以来最安値付近です。
価格.comにて確認しました。

http://kakaku.com/item/K0000811622/
出典:http://kakaku.com/item/K0000811622/

売り出し始めは2万円ほど。
8月に一度最安値(15,518円)を突いてから一度上がり、ここ最近またガクンと下がっています。
今が発売以来の最安値あたり。

2016年11月15日現在15,010円。

ん~安いです。
今、まさに買い時です。


ところで、なぜこのヘッドホンにこんなにフューチャーするのか。
このヘッドホンはちょっと特殊な構造を持っておりまして、めちゃめちゃ解像度が高いんです。
1万5千円という金額からは想像もできないくらいクリアです。
何よりも何よりも、解像度が売りのヘッドホンです。
個人的には、5万円クラスのヘッドホンにも負けないくらいのクオリティがあると思っています。

全面駆動型とは???

ヘッドホンには、ダイナミック型とコンデンサー型があります。
ダイナミック型は、ダイアフラムの膜が、ベコベコ前後することによって音が出ます。
世の中のヘッドホン、ほとんどダイナミック型ですね。
コンデンサー型は、通常10万円以上の超高級ヘッドホンです。
このコンデンサー型は、全面駆動型になっています。

5万円くらいまでのクラスで全面駆動型のヘッドホンって、他に無いと思います。
それが今、1万5千円!
おどろきの安さです。
FOXTEXはドライバーの技術が高い事で業界では有名です。
すごくなじみが深いものだと、アップルiPhoneの純正イヤホンのドライバーがFOSTEXです。

ちなみにこの5万円くらいまでのクラスに全面駆動型が無いのは、技術的に難しいからだと思われます。
FOSTEXも独自技術を使ってこのシリーズを作っていて、特許申請しているようです。

だから若干無理があるのでしょうか、音量は小さいです。
ま、小さいと言っても聞こえないなんてことは無いです。
比較的小さいというだけです。
iPhoneで聞いたりしようとすると、いつも音量はフルになるかもしれません。
ミックス・マスタリングまでできるクオリティがありますが、本気で使おうとするならヘッドホンアンプがあった方がいいです。

購入する際は必ず実機でお試ししてからご購入ください。

オープン型、セミオープン型、密閉型の3種類あり。

ちなみにこの『FOSTEX T50PR mk3n』は、セミオープンタイプです。
リスニング・ミックス・マスタリングには使えますが、レコーディング時のモニターに使えるかどうかはちょっと心配です。(モニターでも使えるという記事を読んだこともあります)
このT50の他にもう2種類出ています。

『FOSTEX T20PR mk3n』はオープン型。
『FOSTEX T40PR mk3n』は密閉型です。

3種類のうち、今めちゃめちゃ安くなっているのが今回紹介している『FOSTEX T50PR mk3n』です。
『FOSTEX T20PR mk3n』もT50と同時期にガクンと値段が下がっていますが、今は最安値よりもちょっと値が上がって16,644円。
『FOSTEX T40PR mk3n』は発売以来値段がずっと変わらず19,420円。(価格.comでは19,420円ですが、サウンドハウスでは17,820円!)

T50は、改造しやすいことで有名。

このヘッドホンの大きな特徴が、改造しやすいという点です。
「FOSTEX T50PR 改造」で検索すると、T50を改造したレビューがたくさん出てきます。

改造するとものすごいグレードアップするらしいです。
というか、海外には改造してグレードアップさせて高く売っている人までいます。
こんなにもたくさん改造される理由が、なんと言っても全面駆動型のドライバー。
全面駆動型のドライバーがこの値段で手に入る機種は、他に無いんです。


ちなみに僕も改造にチャレンジしました。
古いタイプなのですが、『FOSTEX T40PR mk2』が中古で4500円で売っていたのでダメ元で改造目的で買ってみたのですが、やっぱりダメでした。
届いた時点で左右の音のバランスが違い、とても使い物にならないものでした。
中身はスペースに余裕があり、確かに色々いじくりやすい構造になっています。
おかげさまでヘッドホンの構造に詳しくなれました。

いろいろいじってみて思った点。

・解像度は確かに高い!
素晴らしいです。
左右の音量のバランスが崩れているのが本当に惜しい。
ぐっと耳に押し当てるようにするとバランスが整うのですが、そうすると両手が使えない!笑
もう少しいじくってなんとか使えるようにしてみたいです。

・イヤーパッドは交換したほうがいい。
純正のものはなんかペラペラでした。
そのままでは、耳に当たって長時間使っていると痛くなります。
家にAKG K271MKⅡのイヤーパッドがあったので取り替えてみたら、ぴったりでした。
耳にも当たらなくなり、長時間使用しても大丈夫になりました。
ただ、イヤーパッドは音質に大きく影響するので慎重にお選びいただければと思います。

・ヘッドホンケーブルが脱着可能!
これはいいですね。
高級なケーブルに変えたり、利用環境に合わせて長さを変えたりできます。
ベルデンのケーブルとかにしてみたいですね。

安くなっている今が買い!

これからまた料金が上がる可能性もあります。
興味を持たれましたらまずは一度お店に行って試聴してみてください。

ヘッドホンですので、試聴は必須です!

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


レコーディングエンジニアのパンジー関です。

レコーディングするという事は、1回しか聞かせることができない演奏を、無限の人に届ける事ができるようになるという事です。
レコーディングすることによって、音楽の可能性に無限のレバレッジをかける事ができます。

音楽人生を変えてしまうレコーディング術


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

江古田アコースティックレコーディング
http://ekoda-recording.tokyo/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  • 公開記事数 : 6
  • 12389pt

シリーズ記事

バンドのセルフレコーディングがしたい!(3)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

バンドのセルフレコーディングがしたい!

マイクを買おう!

レコスタ使いこなし術(準備編)

ZOOM R16を超オススメする理由

宅録最強のオーディオインターフェイスは間違いなくこれだ!ALLEN & HEATH ZEDi-10!

マイクの買い方の基本は「2本買い!」

マイクの買い方には、実は基本があるんです。

 パンジー関

 2

 660

 レコーディング

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


佐藤則之

公開記事数 : 2

182,934pt


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 188

47,929pt


パンジー関

公開記事数 : 6

12,389pt


DJイオ

公開記事数 : 4

12,281pt


海原亀太

公開記事数 : 22

10,432pt