全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

アナログレコードが出来るまで

「アナログレコードを作りたい!」自分の音楽をレコードで出すにはどうしたらいいか。制作過程から公開!

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://www.photo-ac.com

アナログレコードが出来るまで

①カッティング作業
樹脂で出来たラッカー盤に、表面にあるザラザラとした溝を刻むカッティング作業。
録音された音を流しながらサファイアで出来た針で溝を刻んでいく。
A面とB面それぞれ一枚ずつを作り、些細な欠陥も許されないのでカッティング後は丹念に検査される。

②原盤(マスターレコード)作成
カッティングしたラッカー盤を水洗い、更に超音波で小さい埃なども残らないように洗い落とす。
ラッカー盤へ薄く銀を乗せ、その上から二度にわたって電圧を与えながらニッケルをメッキする。
ラッカー盤からメッキを剥がし、間に乗せた薄い銀は薬品で溶かし最終的に取り除く。
ニッケルだけになった原盤にクロムでコーティングし、表面を保護をする。
乾いたものがスタンパー(型)になる。

④フォーミング加工
スタンパーの中心部へ取り付け用の穴を空けたり、端の余分にはみ出た部分をカットしたりする。

⑤プレス作業
ペレット(塩化ビニールなどの粒)がレコードの素材。
ペレットとラベルが一緒に180°Cくらいに熱されたスタンパーでプレスされる。
スタンパーの温度を徐々に下げて固めて、余分な部分をカットして出来上がり。


▼こちらの動画で、とても分かりやすくその工程を見ることができる。

■■■■

自分の音楽をレコードで出すには?

流石にラッカー盤のカッティングやプレスを個人ですることは難しいので、いざ「自分の作った音楽をアナログレコードで出したい!」といった際にプレスする工場をいくつか紹介しよう。コスト面を考えると海外のプレス工場を選ぶことが多いそうだが、枚数や内容が決まり次第それぞれ見積もりを出してもらうのがいいだろう。

東洋化成株式会社


出典:http://www.toyokasei.co.jp

アジアにたったひとつしかないアナログレコードを製作している工場は、実は日本にある。
安心の国内品質と、テストプレスとカッティングの立会いが可能。

QRATES


出典:https://qrates.com

日本発の新しい音楽サーヴィス「QRATES」(クレイツ)がヤバい。何がヤバいかというと、なんとオンラインでアナログ盤を小ロットで誰にでもつくれてしまうのだ。つくれるだけじゃない。販売も行える。さらには「予算がない」なんて方には、クラウドファンディングを行えるサーヴィスも搭載している。

ありそうでなかったサーヴィス。これを実現するためにチェコの工場と契約を結びました。100枚からの小ロットから注文可能でクラウドファンディングもできる。ここで販売もできるので、在庫を自分で抱える必要もないんです

出典:http://wired.jp/2015/04/24/qrates/

Technique


出典:http://www.technique.co.jp/topics/?p=7145

渋谷のレコードショップTECHNIQUEが、アナログレコードのプレス代行サービスを開始した。

このサービスには、12インチEP、LPをはじめ、7インチ盤、ピクチャー盤、多種多様のカラー盤など、多数のフォーマットが用意されているほか、マスタリングなどはTECHNIQUE提携のドイツ、イギリスの信頼ある4つのスタジオから選択が可能。また、テスト盤で音質の最終的な確認もできるようになっている。

アナログの需要が高まっている昨今、アナログをプレスしたいけれど、どうしたら良いのか分からないというクリエーターも多いはず。長年アナログレコード製作に携わってきたスタッフが、一からアドバイスもしてくれるとのことなので、興味のある読者の方はTECHNIQUEのウェブサイトをご覧頂きたい。

出典:http://www.clubberia.com/ja/news/4821-TECHNIQUE/

RECORD EXPRESS


出典:https://records-express.com

海外アナログレコードプレスを安心サポート!
7インチレコードやソノシート。
カラー、スプラッター、ピクチャーレコードなども対応している。

Shemer-records


出典:http://shemer-records.com

小ロットでお考えならこちらの「Shemer-records」がオススメ。
DJで使用するため、記念品、特別なプレゼントとして作ったりと、大切なレコードを1枚からでも作ることができる。


基本的な料金システム

【原盤(アナログのマスターディスク)製作料】
 +
【プレス作業費 × 受注枚数】
 +
【レーベル費用】
 +
【パッケージング(ジャケット等)費用】

レーベル費用」や「パッケージング費用」等などのオプションは各会社によってではあるが、基本的には「原盤代」と「プレス作業でかかるコスト」が枚数分必要。

そして最小 / 最大ロット数などルールも設けているはず(もちろん枚数は多くなればなるほど1枚あたりの単価が下がる)ので、もちろん個人での発注だったとしてもプレス会社(または代行会社)と予算や内容の相談をするといいだろう。

アナログレコードの回帰が期待される昨今、レコードを手に取ったことのある人でもなかなかそのレコードが作られる制作過程は知らない。
今回、レコードの制作過程から調べてみて、CDと比べても出来上がるまでのスピードやコストがかかるものだが、それ相応にいくつもの工程を機械だけではなく、人の労力をかけて大切に制作しているものだと判った。
物理的に大きくて取り扱うにもデリケートなものにはなるが、ケアをするために手間がかかったりする分、愛着が増すのではないだろうか。

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


音楽人.net編集部です。
特に音楽ジャンルにはこだわらず、シンプルで役に立つ記事の配信を心がけます。

  • 公開記事数 : 214
  • 237545pt

シリーズ記事

BeatportによるHow to DJ動画(5)

DTM初心者の為のPCスペック-2016年版-(1)

イベントレポート(1)

風営法改正について考える(2)

音楽人へのインタビュー(3)

物販アイデアシリーズ(2)

ライブ演出シリーズ(2)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

クリップ式でドラムをミュート

「自分を売る」ためのアイデア

自作ピックができる「Pick Punch」が便利

「REVシリーズ」3つのメリット

Pioneer DJ 「TORAIZ AS-1」発表

磁力で浮くオーディオボード

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

237,545pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

195,974pt


海原亀太

公開記事数 : 22

54,137pt


パンジー関

公開記事数 : 6

52,120pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

48,866pt