全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

「TORAIZ SP-16」のいいところ

Pioneerがリリースする初のスタンンドアロンサンプラー「TORAIZ SP-16」近日発売!
デモや取説からレビューしてみます。

中級者

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-sp-16/black/video-images/#info

Pioneerがサンプラーを出す意義

■■■■

CDJとDJミキサーで圧倒的シェアを誇るPioneerがリリースする初のスタンンドアロンサンプラー「TORAIZ SP-16」。
「トーライズ」と読むそうです。
TORAIZ SP-16は是非トラックメイク未経験者のDJやDJに興味がある人に手を出して欲しいです。
DJの仕事は選曲と繋ぐことであり、曲を作ることではないのは分かっています。
でも今風の「DJライブセットがやりたい」というニーズにはかなり応えてくれそうですし、トラックメイクの面白さを発見できるマシンだと思います。

結構有名なDJ/プロデューサーが「俺のトラックを○○(有名DJ)が掛けてくれたぜ!」とかSNSで言ったりしているじゃないですか。
プロモーション要素が皆無とは言えませんが、本当に嬉しいんだと思います。
トラックメイカー、もっともっと増えて欲しいですね。
ついでにブート作る人ももっと増えるといいなぁ。

「TORAIZ SP-16」のよさ気なところ5選


出典:https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-sp-16/black/video-images/#info

よい所ではなく、よさ気なところとしているのは、TORAIZ SP-16を触っていない状態で記事を書いているからです。操作感とかPADの触り心地とかは分かりません。そこは申し訳ないです。
製品としては同系統の「Electribe ESX」をかなり使用していた経験があるので、デモと取扱説明書で分かる魅力を書き出してみました。

1.単体でスピーカーに繋げば音が出る

よくよく考えたら当たり前なんですけど、NI MASCHINEと見た目が似ているので…
MASCHINEはPC/Macと繋ぐ事が前提で、音源とMASCHINEアプリをPC/Macに格納するスタイルで、DTMユーザーに愛されていますが、
TORAIZ SP-16はスタンンドアロンサンプラーなので、スピーカーに繋げば音が出ます。
PC/Macとオーディオインターフェースは必要ありません。
重さ3kgちょいなので、持ち歩きが苦になるレベルではないと思います。

2.これ1台で曲を完結させられる

■■■■

上記のステップ・シーケンサー部分のデモ動画を見ていただくと、いかに簡単かがお分かりいただけます。
16個パッドがあるからリアルタイムで叩かないといけない衝動に駆られますが、ステップ・シーケンサー入力とパターン並べれば曲が出来ます。
トラックごとのボリューム・PAN調整も出来ますのである程度のミックスもできます。
そのままミキサーに繋げば曲再生できます。ライブセットができますね!
リリースまで見据えた曲にしたい場合はDAWでレコーディングして、ミックス、マスタリングと手順を踏むべきだとは思います。

3.シンプルなインターフェース

Pioneer公式のデモと取扱説明書を見ましたが、かなり無駄が排除されている印象です。
この手の機材を触った事が無い方は説明書を見ると眩暈がするかも知れませんが、かなり簡単なほうだと思います。

↓こちらから公式の取扱説明書が日本語で読めます

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-sp-16/black/support/#info
出典:https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-sp-16/black/support/#info

4.初期音源はLoopmastersの2Gライブラリ

ダンスミュージックの最新のトレンド音源を膨大な量リリースしているLoopmasters。
ライブラリを見たわけでは無いので何ともいえませんが、ベーシックからトレンドまで網羅していると想定しています。
まずは初期音源のライブラリでトラックを作ってみて、自分で探してきたサンプルを混ぜてオリジナリティを醸し出すのがセオリーかなと思います。

http://www.loopmasters.com/
出典:http://www.loopmasters.com/

5.Dave Smithが開発したアナログフィルター

■■■■
Dave Smithかく語りき(英語です)

本プロダクトの売りであるアナログフィルター。シンセサイザー界のレジェンド、Dave Smithが開発したフィルターが搭載されています。
特集記事などを読んでいると「かなりなめらかに」フィルターが掛かるそう。
ツマミをいじっていて楽しかったら、その楽しいを表情で表現すると、ライブでエモーショナル感が滲み出るとか出ないとか。

「TORAIZ SP-16」の何とかして欲しいところ


1.値段がまあまあ強気

税込みで194,400円。
液晶画面とかアナログフィルターを見るとそれくらいはするかーって感想です。
「DJブースでホーンの音を鳴らしたい」という理由だけで買うには高いです。

もうひとつ何とかしてほしい点として、フィルターはマスターのみで、トラックごとには掛けられないという情報があったのですが、インサートFXが追加されたようで、トラックごとにフィルター掛けられるみたいです。
今後も色々アップデートが期待されます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
そろそろ店舗にも並ぶ頃だと思いますので、予測と実機の溝を埋めるべく、次回は実機を触ってきた上でライブラリの内容とか、液晶パネルのユーザビリティとかに触れたレビュー記事を書きます。

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


DTM歴6年のトラックメイカー。
主に4つ打ち系のテクノ、ハウス、ハードダンスやドラムンベース、トラップなどのトラックを趣味で制作しています。

  • 公開記事数 : 22
  • 84288pt

シリーズ記事

使える!プラグイン紹介(2)

インターネット温故知新(1)

フリー音源紹介(1)

サンプル情報(2)

セール情報(8)

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

Xilentのサンプルパック

第一線クリエイターのプロジェクトを見よう

【Dubstep】Pegboard Nerds & NGHTMRE -…

 海原亀太

 1

 999

 トラックメイク

国士無双インタビュー

【第1回】インターネット温故知新

electro houseのサンプル

Wolfgang GartnerがSpliceよりサンプルパックをリリース

 海原亀太

 0

 856

 トラックメイク

EDMトッププロデューサーのレッスン動画

【EDMの作り方】KSHMRがSpliceにてトラックメイクのレッスン動画を公開

中級者

 海原亀太

 0

 22075

 トラックメイク

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

391,914pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

202,835pt


海原亀太

公開記事数 : 22

84,288pt


パンジー関

公開記事数 : 6

75,646pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

74,026pt