全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

KORGが一挙3プロダクトを発表

KORGが一挙3つのアナログシンセを発表!
「microKORG S」「volca kick」「ARP ODYSSEY Module」の特長を紹介

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/microkorg_s/

2016年9月1日、KORGより一挙3プロダクトのアナログシンセが発表になりました。公式サイトでは「プラグインでは得られない」という表現がいくつかあり、老舗ハードメーカーのプライドをバキバキに感じさせてくれます。それでは「microKORG S」「volca kick」「ARP ODYSSEY Module」の特長を紹介!公式の動画も掲載しておりますので、こちらを再生いただいた方が話が早いかも…?

スピーカーを内蔵したmicroKORGの新モデル 「microKORG S」

2002年に発売されたmicroKORGはコンパクトなボディに本格シンセサイザーとボコーダー機能を搭載し、手軽にライブでボコーダーボイスが欲しいユーザーを中心に大ヒットしました。
最新モデルはホワイト基調の上品な外見と凶暴な新設計の2+1スピーカー・システムを内蔵した「より演奏が楽しい」プロダクトに。
単体で音を出すことができるので、弾いた際に音の振動がレスポンスとして伝わり、臨場感が楽しめるとのこと。単3形乾電池×6で起動するそうです!
紹介動画はelectribe samplerの最新モデルと共にビート・上音・ボコーダーの入ったプレイとなっており、エレクトリックなライブの実現をアピールしています。

■■■■

http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/microkorg_s/
出典:http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/microkorg_s/

volcaシリーズ最新作はダンス・ミュージックの命“キック”に特化した「volca kick」

往年のグルーヴ・マシンや歴史的なシンセシスに光を当ててきたvolcaシリーズ。
リード・シンセ「volca keys」、ベース・シンセ「volca bass」、リズムマシン「volca beats」がラインナップされていましたが、ついに“キックだけ”の「volca kick」の登場です。
volca kickは完全アナログ回路、しかもその音作りには一般的なサイン波でなく、MS-20前期型フィルターの発振音を使用。レゾナンスを最大にするとオシレーターのように自己発振する強烈なMS-20フィルターで、複雑な倍音を含んだ強力なキックを生み出します。 
締まりのあるタイトなキックから、ブーンと響くファットなキックまで、あらゆるダンス・ミュージックに適したキック・サウンドを作り出すことが可能。
また、16キーのタッチ・パネル鍵盤で、ダイナミックなキック・ベースを演奏することも出来るため、GrimeやTrapなどのベースミュージックにも最適とのこと。

■■■■

http://www.korg.com/jp/products/dj/volca_kick/
出典:http://www.korg.com/jp/products/dj/volca_kick/

名機ARP Odysseyから鍵盤を無くし、DAWに適合したモジュールシンセ「ARP ODYSSEY Module」

「volca kick」に続き、時代性・流行性を感じるプロダクトです。
「ARP ODYSSEY Module」はコルグが復刻したARP ODYSSEYをベースにした、テーブルに置いて邪魔にならないアナログシンセモジュール
ARP ODYSSEYと全く同じ回路をコンパクトなボディに備え、本物のARP ODYSSEYだけが出せる豊潤なアナログ・サウンドを、より手軽に手に入れることが可能です。 
またKORG SQ-1などのシーケンサーと組み合わせてのパフォーマンスや、ARP ODYSSEY ModuleとMIDIキーボードの接続も、勿論可能です。

カラーバリエーションが2種類ありますが、ARPブランドの最も代表的な黒パネル×オレンジ・シルクのRev3デザインと、歴史の始まりを象徴する白パネルのRev1デザインが用意されており、こちらはかなり悩ましい選択肢に迫られますね。

■■■■

http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/arpodyssey_module/
出典:http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/arpodyssey_module/

いかがでしたでしょうか?
筆者が一番気になったのが、「microKORG S」です。
単3形乾電池×6で単体で音が出る手軽さは、遊び心をくすぐりますね!花見やアウトドアに持って行ったり、小さな子供に買い与えるのも面白いかも!※マスターボリュームには気をつけて…

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


音楽人.net編集部です。
特に音楽ジャンルにはこだわらず、シンプルで役に立つ記事の配信を心がけます。

  • 公開記事数 : 204
  • 68150pt

シリーズ記事

BeatportによるHow to DJ動画(5)

DTM初心者の為のPCスペック-2016年版-(1)

イベントレポート(1)

風営法改正について考える(2)

音楽人へのインタビュー(3)

物販アイデアシリーズ(2)

ライブ演出シリーズ(2)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

ダダリオのギター弦ケアグッズ

自作ピックができる「Pick Punch」が便利

「自分を売る」ためのアイデア

ドイツメーカー製ペダルボード

Big Knobを買うとCR3がついてくる

Pioneer DJ 「TORAIZ AS-1」発表

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


佐藤則之

公開記事数 : 2

184,682pt


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 204

68,150pt


DJイオ

公開記事数 : 5

19,988pt


パンジー関

公開記事数 : 6

16,477pt


海原亀太

公開記事数 : 22

15,270pt