全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ⑥

まあ想像しないであろう楽器の使い方をするミュージシャンを紹介していくシリーズです

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:https://news.allaboutjazz.com/dizzy-gillespie-and-39s-peak-1960.php

偶然から生まれた変形トランペット

ここのところ「ジャズと定食」というシリーズをお届けしてきましたが


https://www.ongakujin.net/page?a=101

https://www.ongakujin.net/page?a=108

今回は楽器奏者シリーズに戻ります



今回ご紹介させていただくのは


ディジー・ギレスピー


アメリカのトランペット奏者です


まずこちらの映像をご覧下さい

■■■■

(wikiなどはディジー・ガレスピーという表記なんですが筆者が最初に知ったのがディジー・ギレスピーだったためこちらで紹介させていただきます)




上の映像や写真の通り、一般的に言われているトランペットとは明らかに変わった形をしています

動画ではルイ・アームストロングと並んでトランペットを演奏しているのでわかりやすいのではないでしょうか


そう、なぜこのようなベルが上に突き上がったトランペットを使ってるかというと



1954年、パーティの席での痴話喧嘩で転んだ客が、スタンドに置いてあったディジーのトランペットの上に尻餅をついてしまい、ベルが上向きに折れ曲がった。不機嫌になったディジーだが試しに吹いてみると音がまともに出る上、普通のトランペットよりもプレイヤー自身の耳に音が届きやすくなったことに気付いた。気をよくしたディジーは、楽器メーカーに特注して「曲がったトランペット」を作らせ、愛用するようになった。(出典wikipedia)


とのことなんです

怪我の功名というかなんというか、結果的に良かったですけどこの曲げてしまったお客さんは気が気じゃなかったでしょうね

というかどんな転び方したらこんな曲がり方するんでしょうか




ところで、楽器メーカーに特注して「曲がったトランペット」を作らせ、愛用するようになった。」
の部分には続きがあって、気を良くした本人は曲がったトランペットの特許申請をしたのですが、この100年ほど前に同じ申請がされていたようで本人はえらく落胆したとのことでした

現在もこれほど極端ではないですがベルが上向きのトランペットを「アップベル」と呼び、どこでも見れるというわけではないですが、販売されています

そしてもう一つの特徴


めちゃめちゃ頬を膨らませて演奏します

上の写真の通りです


医学的研究の結果、特異体質によるものだと答えがでたそうです
「ガレスピーズ・パウチズ(Gillespie's Pouches)」

という医学用語の元にもなっています

以上をふまえもう一曲

■■■■

筆者もなにか楽器を曲げたりすれば新境地が見えてくるのではないかと思い、考えるには考えましたが


無論そんな勇気は持ち合わせていませんでした

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ
キーワード

この記事を書いた人


東京都北区出身
楽器演奏家であり作曲家
NATURE DANGER GANGの一員でもある

サックスだけでなくアコーディオン、マンドリン、バイオリンなど多くの楽器を操り様々な楽曲に携わる

アイドルグループ「ゆるめるモ!」「おやすみホログラム」「NECRONOMIDOL 」へのバンドセット参加、及び楽曲提供
バンド「ナカムラリョウと前未来」参加
映画「 大怪獣モノ」劇中伴奏

バッティングセンターで打席に入らずひたすらスピードガンで速度計測、縁もゆかりもない大学の合格発表で勝手に合格者の胴上げ等、何の前触れもなく全力でふざけるツイッター芸には定評がある

あとディフェンスにも定評がある

  • 公開記事数 : 9
  • 16621pt

シリーズ記事

ちょっと変わった演奏方法(6)

ジャズと定食(3)

  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

maiden voyageと和食とよま

筆者が定食にジャズを見出すシリーズ

 福山タク

 2

 966

 カルチャー

ちょっと変わった楽器奏者シリーズ①

クラシック入門。これから聴くと楽しい第1回

クラシック入門。まずはショスタコーヴィチから聴け!

初心者

 ハシダカズマ

 6

 3610

 カルチャー

Oasis「Definitely Maybe」

海外ミュージシャンの保険に注目!

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?


キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

412,570pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

203,827pt


海原亀太

公開記事数 : 22

87,397pt


パンジー関

公開記事数 : 6

78,697pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

77,330pt